低糖麺全国乾麺協同組合連合会 HACCP 認証マーク

神埼そうめんのできるまで

現在の神埼そうめんづくりは機械化が進んでいますが、工程は、小麦粉と塩水を混ぜる「ミキシング」、ローラーに通して薄く延ばす「圧延」、切刃で線状にする「切り出し」、水分を飛ばす「乾燥」に分けられます。
機械化が進んだとはいえ、結局は「職人の経験と勘が製品の良し悪しを決める」といえます。気温や湿度の変化、材料自体の温度など、さまざまな条件の違いにも気配りが欠かせません。
井上製麺では、「佐賀マイスター」(佐賀知事認定)保持の前平石工場長、直伝の製造技術の下、安心でおいしい麺づくりを続けています。


1)混合
小麦粉に食塩水、(かん水)を入れて混合し、こねる。
2)複合 2枚の粗麺帯を重ねて、ロールに入れて麺帯を作る。
2枚の麺帯を合わせる。
3)圧延
厚い麺帯をロールで、4〜5回圧延して、麺帯を薄くしていく。
うどん、素麺、冷麦、そばと、それぞれの厚さに圧延する。
4)切出 薄くなった麺帯を切刃によって、麺線とする。
麺線を棒にかける。
5)棒かけ
麺線を棒にかける。
6)乾燥
加水した水分を乾燥工程の中で、徐々に水分をとる。
1日〜3日間かけ、水分を12%〜14%ぐらいまでにする。
7)裁断
乾燥した麺線を適当な長さに切断する。
8)計量 包装
切断された麺線を各々の量に計量し、結束する。
9)出荷
計量した麺線を包装する。
真心こめてお届け
■ここにこだわる
 「切り出し」に使う刃は10数種類の中から選びます。
 それは、刃の厚みひとつ違っても味が変わるから。
 刃の両側にかかる圧力の強さが変わるからです。

工場見学のお申し込みシート

ページトップへ